同窓・別窓とは | アフィリエイトでおうちママ☆初心者が在宅で稼ぐ方法

内部リンクの重要性

内部リンクとは、同じサイト(ブログ)内にあるリンクのことをいいます。

(自分のブログの中にある、自分のブログ記事へのリンクのことです)

・カテゴリ
・記事一覧
・関連記事
・トップページ(目次)へ戻る

↑これら全て内部リンクです☆

 

そして、内部リンクをすると

リンクをたどって、お客さまが自由に行き来できるブログになるので

あなたのブログ内での滞在時間(ページビュー)も長くなりますし、

訪問者さんにとっても、非常に親切なブログに仕上がります。

 

それだけでなく、検索エンジンの評価も上がる、というメリットがあります^^

(SEO対策ということになるのです。)

検索エンジンは、もともと 

コンテンツが充実しているサイト(ブログ)を好みますので

記事数も多く、内部リンク数も多いブログというのは、

高く評価してもらえるのです

ですので、内部リンクはぜひ、積極的に取り入れていきましょう。

 

内部リンクで、最も大切なものは、

【トップページへ戻る】リンクです。

このリンクは、全ての記事に入れておくといいです。

 

まにぃ~のブログでも毎記事最後に下図ように入っていますね。

↑これが、トップページへの内部リンクです。

 

それから、記事の最後に「関連記事」へのリンクをつくることを

おすすめします。

まにぃ~のブログで言うと、下図の部分です。

 

 

関連記事への内部リンクは過去記事を読んでいただくのに

非常に役立ちます。

訪問者さんも、スムーズに過去記事が読めるので

訪問者さんに喜んでいただける親切なブログになりますよ^^

ぜひ、取り入れてみてくださいね☆

 

内部リンクをする上で大切なことがあります。

それは・・・

 

リンクには、必ずキーワードを入れること☆

 

× トップページは⇒こちら

○ トップページはこちら⇒アフィリエイトでおうちママ☆初心者が在宅で稼ぐ方法

 

↑このように、リンクさせたい部分にはかならず、キーワードを入れてくださいね。

 

 

そして、同じサイト内の記事へのリンクは「同窓」設定にしましょう。

画像へのリンクは「別窓」設定をおすすめします。

 

 

内部リンクを充実させると、あなたのブログが

今以上に魅力的なパワーブログに変身します。

ぜひ、取り入れていってみてくださいね^^

 

 

無料ブログをお使いのあなたに朗報です☆

【関連記事】を自動で入れてくれる機能があるのを

あなたはご存知ですか?

そのやり方を吉田屋さんがレポートにまとめてくださいました♪

それがこちら↓

 

『読者さんをそのまま帰しちゃダメでっせ!
【無料ブログは吉田屋に聞け】
自動更新関連記事一覧の世界一簡単な設置方法』

 

↑図解入りでとっても、わかりやすいレポートです^^(無料です)

アメブロ・ライブドア・FC2・Seesaa・JUGEMブログでの

関連記事を自動更新するための方法が書いてあります♪

 

時間短縮できるところは、しっかり短縮して

効率よく作業をしていきましょうね^^

 

ランキング参加中です☆同じ仲間に出会えます。 
人気ブログランキングへ 
*:–☆応援いつもありがとです*:–☆

同窓・別窓の使い分け

同窓・別窓を使い分けていますか?

同窓とは:同じウィンドウ内でページが開かれること
      戻るボタンで前のページに戻ってきます。
     
別窓とは:新しいウィンドウでページが開かれること
      ×ボタンでウィンドウが消えます。

 

詳しくはこちら↓(クリックで拡大します)

別窓とは

 

同窓・別窓の使い分けって、とても重要なのです。

 

訪問者さんに 

「PCが重たくなる」「同じページが開きすぎてしつこい」

などの負担をかけずにリンクをクリックしていただけるよう

工夫をすることが大切です。

 


どんなとき同窓・別窓?

 

◆:同窓:◆


自分の記事内で、

過去記事や商品レビューを紹介するときは同窓がいいです。

同じサイトページがいくつも開くとしつこいからです。

 

ページが開くまでに数秒かかりますので、

「ん~開かない・・や~めた」

といってページが開くまで待てない方は

途中でページを閉じてしまいます。
 

訪問者さんは忙しい合間を割いて

あなたのサイトにきてくれています。

なので、サクサクリンク移動できるページが好き なのです♪

 


◆:別窓:◆


自分の記事から

ブログランキングにいってもらう・また他の方の

記事にいってもらう、そんなときは断然別窓がいいです。
 

違うサイトに行った訪問者さんは、

用が済めば×ボタンを押して、そのページを

閉じてしまいます

でも、別窓にしておくことであなたのページが消えることはありませんね♪
もう一度あなたのページに戻ってきていただけるのです。
 

ランキングボタンって、

最後に押している人ばかりでなく、

訪問直後にポチっと押して

ゆっくり記事を読む方もいらっしゃるのです。
 

その方が、先にランキングボタンを押して、

「さぁ記事を読もう♪」

用の済んだランキングページを×ボタンで閉じたら・・

「あれ?あのサイトは・・。どこ?」

とあなたのページに戻ってこれなくなってしまいます・・。

 

これって、すごい不親切なんですよ~。

読みたい・読もうと思ったのに~・・

というモヤモヤを訪問者さんに

与えてしまうからです。

そして、また検索エンジンから検索していただいて・・
サイトに来てもらう・・こんな2度手間をかけてしまうのです。

 

いえ!!

「もういいや~。次のサイトで勉強しよっと」

と、購入者意欲のある訪問者さん・お客様を

逃してしまう可能性のほうが高いのです。

同じようなサイトはいくつもありますからね。

お客様は暇ではありません

あなたのファンの方ならともかく、初めてきていただいた方は

とくに、あなたのサイトにこだわっているわけではありませんからね。

他のアフィリエイターさんのページにサクッと飛んじゃいます。

 


同窓か別窓か・

たったこれだけのことなのに

来てくださった お客様にストレスを与えてしまうか・

サクサクリンク移動できて、気持ちよく記事を読んでいただけるか・・

購入者さんをGETできるか・逃してしまうか・

大きな大きな分かれ道・・となってしまうのです。

 

ですので、あなたももう一度リンクの確認をしてみてくださいね。

同窓か・別窓か。

訪問者さんになった立場で、ご自分のサイトをクリックしてみてください。

 

 

☆:別窓のやり方:☆


◆別窓表示

 target="_blank"(ターゲットブランク)を入れるだけでOK


◆どこに?


<a href="リンクしたいURL" target="_blank">表示したい言葉</a>
※target="_blank"の前には半角スペースが入ってます。

これで、別窓になります。
 

 

上手に同窓・別窓を使い分けて、親切なサイトを作っていきましょう。
 

ランキング参加中です☆同じ仲間に出会えます。 
人気ブログランキングへ 
*:–☆応援いつもありがとです*:–☆

アフィリエイトでおうちママ☆初心者が在宅で稼ぐ方法 TOP » 同窓・別窓とは

CSSレイアウト講座